体温、いろいろ

お店に入る時に検温を皮膚体温で行う。これは深部体温とはずいぶんと違う数字がでる。

普段、体温計で測ると37度弱で安定している私でも、行動や気温などにも影響を受けて、いろんな体温がでる。

お店に3人であった時、33.2度、35.6度、そして私が36.2度であった。35度台は珍しくもない。しかし、33度というのには驚いた。

緊張して交感神経が働くと深部体温と皮膚体温の差が大きくなるし、汗をかいたり、外気に冷やされるとやはり皮膚体温は下がる。

個人差があるとしても、33度はすごい。深部体温もかなり低めであろう。普段がこうだと冷え性としてもツラい。私も以前は夏でも寒さを感じるような冷え性だった。

お祓いをしたり、先祖供養をすると体温が高くなるケースを自他ともで確認している。このケースもそんな方法は有効だろうと思う。体温が低いのは免疫を下げ、昨今で言えばコロナにもなりやすい。体温は高く維持したほうが良かろう。

本業の関係先の方であるのだが、先祖供養をしましょうか?なんていうのはなかなか言いづらい。何かの折に話す機会があれば良いのだけど。

私は以前に何度も先祖供養の作法をして、体温は36.8度辺りで安定している。お陰様で今の所は元気である。

数日前に無料PCR検査、抗原検査をして陰性だった。ありがたいことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA