預言カフェ 2

預言カフェに久しぶりに行った。前回は2020年9月だったので1年以上経過している。年に1回ぐらい行っていて、4回目を数える。

預言とは神からの言葉ということで、予言ではない。

今回の言葉も過去の内容によく似ていて、まるで続きのようだ。誰にでも当てはまるような内容ではあるものの、毎回似たような内容を言われるとすれば、まったく当てずっぽうでもないのかもなどと思いながら聞いた。

私が毎回言われるのは変化の時である、それに対してどのように取り組むべきかという内容である。毎回、内容は違うのだが、方向性が一貫している。実に興味深い。

昨年、2020年はコロナがあったことと、clubhouseで随分といろいろな経験をして、大きく変化が起きてきている実感はある。もちろん、誰にでも当てはまることであっても、私自身が考えさせられるフレーズがいくつもあったように思う。

年明けのおみくじ的な位置づけで参考にしたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA